モーターだけで走行可能なプリウスのハイブリッド

プリウスハイブリッド

 

ハイブリッドの盟主ともいうべきプリウスのTHS方式は、他方式に先んじてモーター駆動領域を広げたことに特徴があります。THS方式はより大出力なモーターを備え、しかもエンジンとモーターの出力を自在にブレンドすることが可能なパワートレインなので、電気駆動領域が広くなり、融通が利くわけです。

 

そのため巡航中や加減速の間の僅かなコースティング中にもモーターを積極的に活用し、内燃料機関の弱点であるパーシャルスロットル(負荷)領域での日効率を上手に補ってくれます。プリウスが持つ他車よりも発進後のモーター走行が長いことや、走行中に頻繁にエンジン停止ができるという特性はこのTHSが生み出すメリットです。

 

こう書くと、電気駆動の領域が広がると効率があがるのならハイブリッドよりEVがいいのか、と思う人もいるかもしれませんが、実はそう単純な話でもありません。EVはまだ未熟な部分が多く、航続距離、耐久性や高コストなどから内燃機関を使う自動車の用途すべてを置き換えられるようなレベルにはありません。

 

ガソリン(または軽油)とバッテリーでは、まだまだ全く比較にならないほどエネルギー密度の差があるのが現実。ハイブリッドが優れているのは、あくまでも内燃機関で動く車でありながらそのムダや非効率の部分を回生と電気駆動によって高効率化している点にあります。

 

ハイブリッドの普及は昨今の車のパワートレインのあり方も少しずつ変え始めています。その典型は4WDシステムで、ハイブリッド車ではモーター駆動のメリットを活かしてプロペラシャフトのない4WDが実現されています。

 

これはハリアーやエスティマが先鞭をつけたものですが、近年は欧州メーカーにもこれに追従しています。多くの場合FFハイブリッドをベースに電動リアアクスルを追加した構造であり、4WDとハイブリッドを両立させた商品性の高さを持っています。

 

ただし重量などの制約から現時点での市販車では目覚ましい燃費を実現しているものはありません。

 

無料のオンライン査定なら中古車を限界まで高く売れる!

通常下取り車はディーラーで下取りしてもらうのが一般的。けれどもそれでは高く売ることはほぼ不可能。ディーラー下取りでは「買取価格に競争が一切起きないため」です。

 

下取り車を高く売るためには、買取業者間で自動的に価格競争が起こオンライン査定が便利で安心。管理人も新しい車の購入前には必ず使っています。

 

最大で43万円の差額が出たこともあるのでどちらか一つは必須で使っておくのがオススメ。

 

【査定完全無料】人気の中古車買取査定サービス

愛車の最高価格がその場で分かる!

かんたん車査定ガイド

150以上の査定業者から最高額算出!

ズバット車査定ガイド

クリックで公式へ

↓↓↓

かんたん車査定ガイド

クリックで公式へ

↓↓↓

ズバット車買取比較

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ISG方式のハイブリッド
ホンダインサイトに搭載されるエンジンはそれぞれにホンダ独自のハイブリッドシステムであるIMAが組み合わされています。ISGやIMAのについて詳しく解説しています。
外部充電が可能なプラグインハイブリッド
現在のハイブリッドはブラグインハイブリッドがトレンドになってきています。これからの普及が待ち望まれるプラグインハイブリッドについて説明しています。
【プリウスVSマツダCX-5】コスパ対決
燃費性能に優れるハイブリッド車とクリーンディーゼルエンジン搭載車、ガソリンと軽油の価格差を考慮した年間ベースでの経済性はどちらにあるのか検証!
【PHEVとPHV】アウトランダーVSプリウス
アウトランダーPHVEとプリウスPHV、実は似て非なるこの2台について比較してみました・