新しいトレンド「プラグインハイブリッド」

プラグインハイブリッド

 

ハイブリッドの新しいトレンドはブラグインハイブリッド。シボレーボルトに始まったプラグインの流れは、電動走行領域を広げて効率化するというハイブリッドの技術潮流に沿うもの。ただ電動走行領域拡大は大きなバッテリーに依存するということであり、現在のEV同様に充電インフラ、バッテリーコスト・重量という難題にチャレンジしなくてはならず、普及はまだまだこれからです。

 

そのためプリウスPHVは必要最小限のEV走行距離とすることで、従来のプリウスが持つハイブリッド車としてバランスのよい性能を犠牲にすることなくEモビリティ体験を実現。EV的にも使えるハイブリッドという新境地を開拓するモデルとなりましたが、基本的には優れたハイブリッド車であるプリウスの1バリエーション。

 

現在最もEV的なプラグインハイブリッドはアウトランダーPHEV。エンジンによる直接駆動(パラレル・ハイブリッド)モードは高速。高負荷荷域に限定され、通常はEVモードもしくはシリーズハイブリッドモード(エンジンは発電専用に使用)で走行します。

 

これにより大きく重なりがちなSUVとしては非常に良好な実用燃費と前後2モーターの電動トルクスプリット4WDというユニークな商品性を実現。こういう付加価値の追加は価格/バリュー比の面からプラグインハイブリ度の普及を促進する有効な手段と言えますね。

 

 

無料のオンライン査定なら中古車を限界まで高く売れる!

通常下取り車はディーラーで下取りしてもらうのが一般的。けれどもそれでは高く売ることはほぼ不可能。ディーラー下取りでは「買取価格に競争が一切起きないため」です。

 

下取り車を高く売るためには、買取業者間で自動的に価格競争が起こオンライン査定が便利で安心。管理人も新しい車の購入前には必ず使っています。

 

最大で43万円の差額が出たこともあるのでどちらか一つは必須で使っておくのがオススメ。

 

【査定完全無料】人気の中古車買取査定サービス

愛車の最高価格がその場で分かる!

かんたん車査定ガイド

150以上の査定業者から最高額算出!

ズバット車査定ガイド

クリックで公式へ

↓↓↓

かんたん車査定ガイド

クリックで公式へ

↓↓↓

ズバット車買取比較

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ISG方式のハイブリッド
ホンダインサイトに搭載されるエンジンはそれぞれにホンダ独自のハイブリッドシステムであるIMAが組み合わされています。ISGやIMAのについて詳しく解説しています。
プリウスはモーターだけで走行可能
プリウスのTHS方式は、モーター駆動領域の広さが特徴的。THS方式はより大出力なモーターを備え、しかもエンジンとモーターの出力を自在にブレンドすることが可能です。
【プリウスVSマツダCX-5】コスパ対決
燃費性能に優れるハイブリッド車とクリーンディーゼルエンジン搭載車、ガソリンと軽油の価格差を考慮した年間ベースでの経済性はどちらにあるのか検証!
【PHEVとPHV】アウトランダーVSプリウス
アウトランダーPHVEとプリウスPHV、実は似て非なるこの2台について比較してみました・