プリウスPHVの弱点

EV走行可能距離の不足

プリウスのオーナーがもっとも気になる最近の車といえば、この三菱アウトランダーPHEVではないでしょうか。いったいなにがプリウスPHVと違うの?このページではこの2代のメカニズムの面から比較してみます。

 

プリウスのPHV、エコカーとしてはEV(電気自動車)がエネルギークオ率、取り扱いの簡便さという点でもっとも望まれるものであることは確か。しかし、一般ユーザーが選択するにおいては、EVは充電インフラ、性能を含めてまだ十分な状態になっていません。

 

プリウスPHVは、通常のプリウスに対して、EVバッテリーを搭載している分、EV的な使い方ができるようになりました。しかし搭載しているバッテリーの容量があまり大きくないことで、実際には期待値ほどの航続距離が得られていませんでした。

 

そういう意味では、少々不完全燃焼的なモデルかも知れません。価格も通常のHVより100万円近く高くなっていますしね。

 

燃費について

プリウスPHVのカタログのEVモードでの走行距離は26.4km(J08モード)ですが、街乗りの場合はもっと落ちるでしょう。ただ日常の足のEVとしては使えるでしょうね。それ以上のバッテリーを使ったあとは、ただのプリウスになってしまいます。そうすると、充電器とEVバッテリーが単なるおもりになってしまい、通常のプリウスよりも燃費が落ちることになります。

 

もちろん、長い下り坂などで回生ブレーキを働かせ充電すれば再びEV走行できるようになるはずですが、実際にはそのレベルまで充電することはまずできません。連続走行で距離が伸びれば伸びるほど、燃費の悪いプリウスになっていくというジレンマに陥ります。

 

無論、ガソリンエンジンよりは格段に燃費は良いのですが・・・。

 

また充電器と充電専用の200Vのコンセントがないと充電出来ない上、急速充電に対応していないという思わぬ弱点も。

 

アウトランダーPHEV

前後に2基配されたモーター(60W×2)のおかげでスムーズかつ予想以上に早い加速力を得ることが可能。

 

満充電からバッテリー容量が低下するまでは、どんなにアクセルを踏み込んでもエンジンは当然ながら始動しない。あくまでも「電気自動車」。

 

プリウスPHV

対するプリウスPHVは過渡期のモデルと言える。ハイブリッドとして設計されたハッチバックボディに大容量のバッテリーを搭載するのは現時点では不可能。

 

バッテリーの搭載性という点では大柄で車高の高いSUVボディにはかなわない。

 

 

無料のオンライン査定なら中古車を限界まで高く売れる!

通常下取り車はディーラーで下取りしてもらうのが一般的。けれどもそれでは高く売ることはほぼ不可能。ディーラー下取りでは「買取価格に競争が一切起きないため」です。

 

下取り車を高く売るためには、買取業者間で自動的に価格競争が起こオンライン査定が便利で安心。管理人も新しい車の購入前には必ず使っています。

 

最大で43万円の差額が出たこともあるのでどちらか一つは必須で使っておくのがオススメ。

 

【査定完全無料】人気の中古車買取査定サービス

愛車の最高価格がその場で分かる!

かんたん車査定ガイド

150以上の査定業者から最高額算出!

ズバット車査定ガイド

クリックで公式へ

↓↓↓

かんたん車査定ガイド

クリックで公式へ

↓↓↓

ズバット車買取比較

 

このエントリーをはてなブックマークに追加