ISG方式のハイブリッド

構造がシンプルで軽量

最新のアイドリングストップ装備車では、より充電受入性の高いキャパシターやリチウムイオン補助バッテリーなどを採用して回生の活動幅を広げる傾向にあります。

 

アイドリングストップ車は従来よりも強力なスターターモーターとオルタネーターを備えるのですが、近年はよりスムーズな始動と効率的な発電のために、スターターとオルタネーターを一体化したB-ISG(ベルト駆動式のインテグレーテッド・スターター/ジェネレーター)を採用するアイドリングストップ車も登場しています。

 

カイセ充電の効率を上げるにはオルタネーターとバッテリーがキモで、そのために充電制御メカを高度化したり、バッテリー性能をアップグレードしていくのがアイドリングストップ車の近年のトレンドとなっていますが、それはメカ的に本格ハイブリッドに近づいていくということでもあります。

 

実際プジョーやシトロエンのハイブリッドは、B-ISG式アイドリングストップ車にモーター駆動を追加した形で成立しています。だからアイドリングストップの高度化はハイブリッドへの移行過程なのだとも言えます。

 

ホンダインサイトに搭載されるIMA

ホンダのIMAに代表されるISG(スターター/オルタネーター一体ユニットをクランクに直結する)方式のハイブリッドは、構成要素では先に書いたブーリーとベルトで繋がれるB-ISGと同じですが、より効率特大出力のモーターに対応できる点で勝ります。

 

つまりモーター駆動可能な領域を拡大でき、ハイブリッドのメリットをより引き出すことが可能になっているわけですね。

 

モーター駆動領域を広げると効率が高まるというのはハイブリッドの核心となる部分。静止状態で最大トルクを出せるモーターの特性は、極低回転域で効率の悪い内燃機関の弱点を補う大切な要素。頻繁に発信を繰り返す走行条件では非常にメリットが大きくなります。

 

ISG方式はトランスミッション変更の融通が高く、MTを含む多様なミッションとの組み合わせが可能なので、ユーザー嗜好に合わせた車種バリエーション展開ができます。また最近のISG式は、エンジンとの間にもクラッチを追加することでコースティング時の燃費性能を高めたり、モーター走行時の効率を上げるという進化が見られます。

 

ホンダインサイト

ホンダインサイト

コンパクトで軽量、かつシンプルなパラレル方式のハイブリッドシステムの利点は、タイヤを駆動させるメカが複雑ではないため、ダイレクトな加速感が得られる点。バッテリーにはニッケル水素を採用。システム全体のコストはシリーズパラレル方式よりも抑えられる。重量増も最小限に留められる。

 

 

無料のオンライン査定なら中古車を限界まで高く売れる!

通常下取り車はディーラーで下取りしてもらうのが一般的。けれどもそれでは高く売ることはほぼ不可能。ディーラー下取りでは「買取価格に競争が一切起きないため」です。

 

下取り車を高く売るためには、買取業者間で自動的に価格競争が起こオンライン査定が便利で安心。管理人も新しい車の購入前には必ず使っています。

 

最大で43万円の差額が出たこともあるのでどちらか一つは必須で使っておくのがオススメ。

 

【査定完全無料】人気の中古車買取査定サービス

愛車の最高価格がその場で分かる!

かんたん車査定ガイド

150以上の査定業者から最高額算出!

ズバット車査定ガイド

クリックで公式へ

↓↓↓

かんたん車査定ガイド

クリックで公式へ

↓↓↓

ズバット車買取比較

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

プリウスはモーターだけで走行可能
プリウスのTHS方式は、モーター駆動領域の広さが特徴的。THS方式はより大出力なモーターを備え、しかもエンジンとモーターの出力を自在にブレンドすることが可能です。
外部充電が可能なプラグインハイブリッド
現在のハイブリッドはブラグインハイブリッドがトレンドになってきています。これからの普及が待ち望まれるプラグインハイブリッドについて説明しています。
【プリウスVSマツダCX-5】コスパ対決
燃費性能に優れるハイブリッド車とクリーンディーゼルエンジン搭載車、ガソリンと軽油の価格差を考慮した年間ベースでの経済性はどちらにあるのか検証!
【PHEVとPHV】アウトランダーVSプリウス
アウトランダーPHVEとプリウスPHV、実は似て非なるこの2台について比較してみました・