ハイブリッドカーに必要な2つの条件

ハイブリッド補機バッテリー

 

ハイブリッドカーに安全に長く乗ろうと思ったら、バッテリーのメンテナンスは必ず行いたいものです。

 

ハイブリッドカーのバッテリーというと、エンジンと併用するメインバッテリーを思い出す人が多いのではないでしょうか?けれどもハイブリッドカーに搭載されているバッテリーは2つあります。モーターを駆動するメインバッテリー(ニッケル水素バッテリー)とは別に、ハイブリッドシステムの起動やECU(コンピューター)、車内の電装品へ電力を供給するのが、「補機バッテリー」という鉛バッテリーです。

 

「補機バッテリーが上がってもメインバッテリーがあるから大丈夫?

もしかしたらこんな疑問を持つ人がいるかもしれませんね。でも結論から言えばそれは大間違い。

 

補機バッテリーが上がると、メインバッテリーに電力が残っていたとしてもハイブリッドシステムの駆動ができないケースもあります。そうならないためにも補機バッテリーのメンテナンスは怠らないほうが無難です。

 

通常、バッテリーはエンジンルームに搭載されているものですが、ハイブリッドカーでは、エンジンルームにスペースがなく、トランクや室内に補機バッテリーを搭載している場合が多く、ここがハイブリッドカーの補機バッテリーに求められる重要なポイントです。

 

エンジンルームにバッテリーを搭載しているのに比べて、トランクや室内に搭載している場合、バッテリーのチェックはもちろん、バッテリー液を補水するなどのメンテナンスをするのがとても大変。必然的にメンテナンスフリー型であることが条件になってきます。

 

加えて、室内やトランクに補機バッテリーを搭載しているため、過充電時に発生するガスが車内に充満して、貧果自己が発生することも考えられます。そうならないためにも、万が一の時にガスを車内に逃すための専用排気構造が必要になってくるわけです。

 

ハイブリッドカー専用おすすめのバッテリー

それら事故を未然に防ぐことができるおすすめのバッテリーがパナソニックの「caos HEV用」です。パナソニックといえば、新車搭載車種No.1であり、高品質で豊富なラインナップ。

 

そんなパナソニックがハイブリッドカーに向けて用意したのがこのバッテリーです。最大の特徴が、「制御弁式(VRLA)バッテリー」。充電時に発生する酸素ガスを電槽内に吸収・還元でき、万が一のか充電時に発生するガスを車内に逃すための排気口を備えています。もちろん、補水不要タイプです。

 

ハイブリッドカーにはハイブリッド専用のバッテリーがあります。愛車に長く安全に乗りたいなら注目しておいてもよいバッテリーですね!

 

■ハイブリッド専用バッテリー「caos(カオス)」
caos
http://panasonic.jp/car/battery/caoshv-iss/
参考:パナソニック公式サイト

 

 

 

無料のオンライン査定なら中古車を限界まで高く売れる!

通常下取り車はディーラーで下取りしてもらうのが一般的。けれどもそれでは高く売ることはほぼ不可能。ディーラー下取りでは「買取価格に競争が一切起きないため」です。

 

下取り車を高く売るためには、買取業者間で自動的に価格競争が起こオンライン査定が便利で安心。管理人も新しい車の購入前には必ず使っています。

 

最大で43万円の差額が出たこともあるのでどちらか一つは必須で使っておくのがオススメ。

 

【査定完全無料】人気の中古車買取査定サービス

愛車の最高価格がその場で分かる!

かんたん車査定ガイド

150以上の査定業者から最高額算出!

ズバット車査定ガイド

クリックで公式へ

↓↓↓

かんたん車査定ガイド

クリックで公式へ

↓↓↓

ズバット車買取比較

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016/01/01 15:52:01